食事

食事

紫外線や環境など外的ストレスによって活性酸素が発生します。
活性酸素が活発になると、体の新陳代謝が悪くなり、老化が進むことになります。
活性酸素は日焼け、化粧品、化学薬品の入った食品などが発生原因となります。
発生した活性酸素の働きを止めるのに有効なのが抗酸化力です。
抗酸化力のあるものを食べたり使ったりすることで、活性酸素を鎮めることができます。
ビタミンCやビタミンEが日焼けや美白にいいと言われているのは、抗酸化力のある栄養素だからです。
体の内側から肌の老化をストップするために、食べ物で抗酸化作用のある物を積極的に取り入れていくといいです。
抗酸化作用のある食べ物は、玄米の胚芽やそば、ブロッコリーやトマト、緑黄色野菜、鮭やいくら、海藻、黒ゴマ、りんごやブルーベリーやバナナ、水素水などです。
日常食べている野菜やくだものにもたくさん抗酸化作用を持っているものがあるのです。
ですから日頃から栄養バランスに気を配って食事をしていれば、抗酸化物質が体から不足することはないのです。
緑茶にも抗酸化作用があるため、食事のときに毎回緑茶を飲むようにするといいと思います。
日焼けや美白に効果があるのはスキンケアだけではありません。
体の代謝をアップして活性酸素に負けない体作りをすることで、ストレスやダメージのない美白肌になることができるのです。
活性酸素が発生すると肌へのダメージだけではなく、心臓病やがん、脳卒中など様々な病気を引き起こす原因となります。
栄養バランスのいい食事、十分な睡眠、日焼け対策、ストレス解消などの方法で活性酸素から自分たちの体を守って行かなければいけません。


<スポンサードリンク>