美白になる方法食べ物と化粧品とサプリ

化粧品の多様化

いくつになってもシミやくすみのないハリのあるお肌でいることは、多くの女性の願いでもあるでしょう。
その願いをかなえるために、現在では、実に多くの種類の化粧品が店頭に並べられています。
使う形態や、目的、使われる対象、ブランドと、多種多様の化粧品が研究開発され、販売されています。
なかでも、今、化粧品業界で注目されているキーワードは「美白」と「アンチエイジング」の二つだといわれています。
どちらも、それだけでワンコーナーを占めるほど、製品を取り揃えている化粧品店もあります。
あまりにも種類がありすぎて、どの化粧品を選べばいいのか迷ってしまわれる方も多いのではないでしょうか。

 

では、アンチエイジングや美白とは一体、どういう状態を目指しているのでしょうか。

 

アンチエイジングとは、年をとることで起こる老化の原因を抑制することによって、老化を防いだり、若返りを促す「抗加齢」のことを言います。
化粧品としては、シワやたるみをなくすなど皮膚の若返りに関するものが多くなります。
また、美容の分野だけでなく、高血圧や糖尿病などの加齢に伴って増える生活習慣病の予防など、医療や健康の分野でも使われることの多い言葉です。

 

そして、美白とは、その人がもともと持っている美しい肌の色に戻ることを指します。
生まれつき肌の色が白い方、健康的な色の方と、肌の色は人それぞれ違いますので、目指す肌の色も人によって異なります。

 

美肌やアンチエイジングを積極的に行うのなら、まず自分の本来の肌の色や状態をよく知っておくことが大切です。

 

色の白いは七難隠す

日本人は、肌の色が白いことに対しての強い憧れを、昔から抱いていたのだと思います。
「色(いろ)の白いは七難(しちなん)隠す」という、「色白の女性は、少しくらいの欠点は色の白さに隠されて美しくみえる」という意味の言葉も、昔からよく使われていますね。

 

最近では、肌の色を白くするための美白化粧品が売れ行きを伸ばしています。
以前は、日焼け止めや美白化粧品は、夏になると売り上げを伸ばす季節商品でありましたが、ここ数年は、通年商品として一年中店頭に並ぶようになり、また、その売り上げも年々伸びてきているようです。
今では、キッズ用の美白化粧品さえ売られています。
世界的に見ても、美白化粧品の売り上げは、日本がトップクラスに入っているそうです。

 

ある化粧品メーカーの行った調査では、日本人女性の素肌は、1990年代に比べて10%ほど白くなっていることが分かりました。
なかでも、30歳代は約20%も白さを増しているそうです。
1980年代には、健康的な印象を与える小麦色の肌が流行しましたが、その後、「日焼けは身体に悪影響を及ぼす」ことが解明されたことも影響し、2000年以降は美白意識が顕著になってきました。
以前は中年以降の女性によく使われた日よけアイテムである日傘が、今では若い女性にも広まってきているように、若いころからの日焼け対策が徹底されてきていることも影響しているようです。

 

日本人女性全体の肌の色が白くなりつつあることで、日本人女性の美しさには、ますます磨きがかかっていくのでしょうか。

 

 

美白に対する意識

2000年代に入り、女性の間では、肌を白くする美白ブームに徐々に火がつき始めました。
それまでは健康的な肌色に人気が高く、また、1990年代には日焼けサロンで顔を黒く焼く「ガングロ」が女子高生の間で流行ったりもしました。
その後、一変するかのように美白がブームになった背景にあるものは、化粧品の進化による影響が大きいと言われています。

 

1990年代、化粧品メーカーのほとんどが、美白成分について研究開発を始めました。
そのため、2000年代にかけて、化粧品の美白市場が急成長し、美白は紫外線の強くなる春夏のためだけではなく、年間を通して使用する傾向が強くなりました。
ベーシックなスキンケア用の化粧品にも美白成分が配合されたものが登場し、それまであまり美白を意識していなかった女性にも浸透していきました。
ここ数年は、化粧品全体のなかで美白化粧品が占める割合が、1位の保湿化粧品に続いて、2?3位で推移しています。

 

16?64歳の女性に行った、2004年から2006年においての調査では、肌の悩みの1位は「シミ」で、シミを薄くしたいと思っている女性は全体の6割にものぼるという結果が得られました。
また別の調査では、最近は、「シミ・そばかすを予防したい」という部分的な美白に加え、「透明感のある、明るく白い肌に見せたい」という顔全体の美白への願望が強まっているそうです。
好きなファンデーションの色を選んでもらうと、専門家が実際に選んだその人になじむ色よりも明るい色を選ぶ女性が多いという調査結果もあります。

 

 


<スポンサードリンク>