10代のケア

10代のケア

若いころからの日焼けが肌に蓄積されて、30代を過ぎたころから突然シミとして現れます。
シミが目立ってきてから一生懸命美白ケアをしても、根本から解決することはできません。
レーザー治療や美白化粧品を使って、シミを薄くしていくことはできます。
しかし長年かけて蓄積されてきた紫外線は、肌の奥に潜んでいるためしばらくするとまたシミとして現れます。
そこで10代からしっかりと紫外線対策をしておくことが必要なのです。
30代、40代になっても美白肌でいるためには、10代からのケアが重要になります。
早い年齢からケアすることで、何十年後も美白肌でいられるのです。

 

10代で始めることのできる肌ケアは、日焼け止めを塗ることです。
体育の授業や部活、通学途中などに紫外線をどうしても浴びてしまいます。
紫外線は夏だけではありません。
冬も春も秋も一年中浴びています。
そのため毎日出かける前に日焼け止めを塗り、こまめに塗り直すようにしなければいけません。

 

このように気をつけていても、日焼けすることがあります。
そのときにはすぐにケアしなければいけません。
日焼けして赤くなっている部分に保冷材をあてるなどして、すぐ冷やしてください。
炎症が落ち着いたら、美白化粧水などで肌を潤してください。

 

ビタミンCの摂取も積極的に行ってください。
体の内側から日焼け肌に効果的に働きかけてくれます。
ビタミンCを摂ると新陳代謝を高めてくれるので、メラニンの排出もしやすくなります。


<スポンサードリンク>