美白になる方法食べ物と化粧品とサプリ

美白成分について

現在はさまざまな種類の美白化粧品が売られています。
含まれている美白成分も、化粧品メーカーや商品によってさまざまで、お肌へ作用の仕方も異なります。

 

美白というと、肌を白くするブリーチのようなものを想像される方もいらっしゃるかと思いますが、ほとんどの美白成分は、お肌の中のメラニン色素の生成を抑えるという働きをしています。
メラニン色素は人間が持っている色素細胞で、黒い色をしています。
メラニン色素自体が光を吸収することで、紫外線を体内に入れない働きをしており、紫外線などによるダメージを防ぐため作り出されます。
シミは、メラニン色素が肌に沈着することででき、これを防ぐのが美白成分ということになります。

 

美白成分の作用は、メラニン色素を生成する「チロシナーゼ」という酵素の活性化を抑えるというものが主流です。
最近では、新しい美白成分の研究開発に加えて、肌のメカニズムや日焼けの起こるメカニズムなどもどんどん解明されつつあり、このメラニン色素そのものに作用する美白成分も登場しています。

 

何十年も前から、美白成分についてはいろいろな研究がされてきました。
今でも多くの美白成分が、継続して研究されています。
現在の日本で厚生労働省により医薬部外品の承認を受けている美白成分は、下記の9種類ですが、もっと美白効果の高く安全な成分が、今後も続々と登場することと思います。
1.ビタミンC誘導体
2.アルブチン
3.プラセンタエキス
4.エラグ酸
5.カモミラET
6.ルシノール
7.t-AM美白成分CHA
8.トラネキサム酸
9.リノール酸

 

 

 

美白成分 ビタミンC誘導体

ビタミンCは美白の万能成分で、多くの美白化粧品に含まれています。
シミの元となるメラニン色素が作られる際のチロシナーゼの働きを阻害し、メラニン色素の生成を抑制します。
また、それと同時にメラニン色素を淡色化する還元作用もあります。
即効性が期待でき、日焼けしたすぐ後の美白ケアや、角質や表皮にメラニン色素が残ってしまいくすんだ状態の肌の美白に有効とされています。

 

ビタミンCは、以前から肌によいと言われてきましたが、大変壊れやすい成分のため、浸透力が弱くあまり効果が期待できませんでした。
今では、「リン酸Lアスコルビル」などの、ビタミンCの分子構造に少し手を加えて改善した「ビタミンC誘導体」と呼ばれる、壊れにくい成分が開発され、有効成分の浸透が可能になりました。
ビタミンC誘導体は、体内でビタミンCとなります。
また、ビタミンC誘導体は化粧品として厚生労働省が認可した美白成分でもあります。
最近では、高濃度のまま安定化されている「高濃度安定型ビタミンC」も普及しつつあります。

 

ほかに、抗酸化作用も期待できます。
紫外線などの刺激で発生する活性酵素により細胞を傷つけられるのを防ぐ作用があります。
特に、ビタミンC誘導体は、紫外線が当たっても酸化することなく、活性酵素から肌を守ります。

 

また、コラーゲン増加作用など、美白効果以外の美肌のための有効な作用をもっています。
肌に浸透したビタミンCは、真皮層にある繊維芽細胞を活性化させ、コラーゲンを生成し、シワ対策にも有効です。

 

 

美白成分 アルブチン

アルブチンは、コケモモ、ウワウルシなどの植物に含まれる成分で、ハイドロキノンとブドウ糖が結合したものです。
メラニン色素を合成する酵素の働きを抑制し、メラニン色素が生成されるのを防ぐため、美白成分として多くの美白化粧品に配合されています。

 

特徴としては、ハイドロキノンのような即効性や強い美白作用は期待できませんが、肌への刺激が弱く、トラブルを起こすことがほとんどないということです。
そのため、肌の弱い方も安心して使うことができます。

 

アルブチンには、α?アルブチンとβ?アルブチンがあり、その構造と働きが若干異なります。
α?アルブチンは、コケモモなどに含まれている成分です。
化粧品メーカーである資生堂の研究開発によって、同社の美白化粧品に使われてきましたが、2003年に特許が切れたことで、多くの化粧品メーカーで使用されるようになりました。
β?アルブチンは、ウワウルシといわれるツツジ科のハーブに含まれている成分です。
こちらは江崎グリコにより開発され、特許を取得しています。
どちらも、メラニンを生成する酵素、チロシナーゼの働きを阻害しメラニンの生成を抑制しますが、その効果は、α?アルブチンのほうが10倍以上強いと言われています。
美白効果だけで判断するのでしたら、α?アルブチン配合の化粧品のほうが、高い効果が得られるということになります。
一般に「アルブチン」とだけ言われる場合は、β?アルブチンを指すこと場合が多いようです。

 

美白成分 プラセンタエキス

「プラセンタ」は、英語で「胎盤」という意味の言葉です。
胎盤は、臓器の機能が十分でない胎児の、臓器の機能を補う働きをしています。
胎児は胎盤を通して、母胎から酸素や栄養素などを受け取り、大きく成長していきます。
プラセンタエキスは、胎盤から無菌状態で抽出され精製されたエキスで、化粧品に配合されるエキスは豚の胎盤によるものが多く使われているようです。

 

プラセンタエキスの美白効果は、メラニンの生成を抑制する働きのほか、メラニンの排出を助ける働きもあります。
また、プラセンタには、ビタミン(特にビタミンB群)をはじめ、ミネラル、アミノ酸、拡散、各種の成長因子などが豊富に含まれています。
これらの栄養素を摂取することで、美白効果だけでなく、肌のキメを整えたり、シワやたるみを防いだりという美肌効果も期待できます。

 

プラセンタの大きな特徴の一つに、各種の成長因子(細胞増殖因子、グロスファクター)を含んでいることが挙げられます。
成長因子とは、細胞を刺激して細胞分裂を促進させる活性化因子のようなもので、自然界には胎盤にしか存在しません。
この成長因子の働きによって、新陳代謝が活発になり、肌のトラブルが改善されていきます。

 

プラセンタエキスは、直接肌に塗る方法が一番効果が高いといわれています。
美白化粧品として購入する場合は、プラセンタの濃度の高いものを選ぶといいでしょう。
ただし、成長因子などの有効成分が豊富なため、使用を続けると自己再生力が衰えるとも言われています。
毎日使用するのではなく、頻度を決めて使うようにしてください。

 

 


<スポンサードリンク>