美白になる方法食べ物と化粧品とサプリ

美白成分 エラグ酸

エラグ酸は、ゲンノショウコ、ユーカリ、ナッツ類、イチゴなどのベリー類、ザクロなどに含まれているポリフェノールの一種です。
アメリカではガン細胞の自然死を促進させるとして話題になっています。
日本では、ライオンがイチゴの美白効果から、その美白成分であるエラグ酸を発見し、美白化粧品としての開発を始めました。
1996年には美白成分として医薬部外品の認定を受けました。

 

肌の表皮にあるメラノサイトという細胞内で、酵素チロシナーゼが活性化することで、チロシンからメラニン色素が生成されます。
エラグ酸は、チロシナーゼのなかの銅イオンをうばい去ることで、チロシナーゼが活性化することを阻害し、メラニンの生成を抑制します。
その美白効果は、「肌の漂白剤」とも言われているハイドロキノンと同等ともされています。
しかも、もともとは天然植物成分であることから、刺激の強いハイドロキノンとは違い、サプリメントとして食べることが出来るほど安全といわれています。
ただし、イチゴに含まれているエラグ酸は非常に微量で、抽出も困難であることから、化粧品に配合されているエラグ酸は、南アフリカや南米ペールに生息しているマメ科の植物「タラ」の実から抽出されたものが使われています。

 

現在の日本の医学規制においては、ハイドロキノンと同程度の美白効果を出すほどエラグ酸の濃度を上げて配合することが出来ないそうです。
そのため、残念なことに、驚異的と呼べるほどの美白効果を体験することは不可能となっています。

 

 

美白成分 カモミラET

カモミラETとは、カミツレの葉から抽出される成分のことです。
カミツレはヨーロッパ産のキク科の草で、英語ではカモミールと呼ばれます。
化粧品メーカーの花王が、カミツレエキスを使って独自に開発したものが「カモミラET」で、そのために他社で使われる場合は「カミツレエキス」または単に「カモミール」と表記されます。
日本では1999年に美白成分として医薬部外品の認定を受け、美白化粧品に配合され始めました。

 

多くの美白成分は、メラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の活性化を抑えて、メラニン色素の生成を抑制させるという働きをしますが、このカモミラETは、それらの美白成分とは作用の仕方が異なります。
カモミラETは、表皮にあるメラノサイトという細胞に、メラニン色素を生成するように指令を出す「エンドセリン」という情報伝達物質をブロックします。
ブロックすることでメラニンの生成は抑制され、メラノサイトの増殖も抑えられます。
また、エンドセリンはシミのある部分に多く存在していますので、シミ自体を薄くさせるという効果も期待できます。
これらの相乗効果のよって、カモミラETを使った美白化粧品は、「浴びてしまった紫外線の記憶をなかったことにする」とさえ言われています。

 

頬にできる、ふちのくっきりとした丸いシミのことを、医学的には「老人性色素斑」とか「日光色素斑」と呼んでいます。
カモミラETは、この老人性色素班に特に効果があるといわれています。

 

美白成分 ルシノール

化粧品メーカーであるポーラが、シベリアのモミの木に、優れた美白効果を示す成分があることを発見しました。
その成分に改良を加えたものがルシノールです。
1998年に美白成分として、厚生労働省の医薬部外品の認可を受けました。
「ルシノール」というのは、開発を手がけたポーラの登録商標になります。
一般名(科学名)は「4-n-ブチルレゾルシノール」といいます。
このため、他社の美白化粧品の成分表には「4-n-ブチルレゾルシノール」と表記されている場合があります。

 

紫外線による刺激を肌が受けると、メラノサイトという細胞内で、チロシンという物質とチロシナーゼという酵素が結びつき、メラニン色素が生成されます。
チロシンとチロシナーゼは、カギとカギ穴のような関係に例えることもでき、チロシナーゼというカギ穴に、チロシンというカギがピッタリと合うようになっています。
ルシノールは、カギ穴であるチロシナーゼにピッタリと合う構造をもち、チロシナーゼと結合することでチロシンとチロシナーゼの結合を妨げ、メラニンの生成を阻害します。
この考え方を、ルシノールを開発したポーラでは「メラニンロック機能」と呼んでいます。

 

酵素チロシナーゼの働きを阻害する成分は、アルブチンなどの他の美白成分にも含まれていますが、ルシノールはごく微量で作用し、チロシナーゼ活性阻害効果は、アルブチンの数万倍とも言われています。
また、肌への影響が少なく、ハイドロキノンと同じ程度の美白効果がありながら、安全性が高いともいわれています。

 

 

美白成分 t-AMCHA

強い紫外線を浴びると「紫外線を浴びた」ということを伝える情報伝達物質「プロスタグランジン」が分泌されます。
これがメラノサイトに到達し、メラニン色素生成の指令が出されます。
t-AMCHAは、この情報伝達物質プロスタグランジンの生成を抑え、メラニン色素の生成を抑制します。
また、肌荒れを誘発するたんぱく質酵素の生成も抑制し、肌を正常で健康な状態に保つ働きもあり、ニキビ肌の方にも有効な成分であるとされています。
化粧品メーカーである資生堂が開発し、美白成分として2002年に厚生労働省の医薬部外品の認定を受けました。
美白化粧品に配合されるものには、大豆や卵黄から抽出されたものが使われています。

 

t-AMCHAは、動植物の生体成分の一つとして欠くことのできないリン脂質です。
親水性と親油性の両方の性質を持つ、天然の界面活性剤でもあります。
界面活性剤は、美容成分を肌へより浸透させるためには有効ですが、化学的に合成されたものは、逆に肌のトラブルを引き起こしかねなく、悪影響も懸念されます。

 

t-AMCHAが配合されている美白化粧品は、資生堂から発売されている「クレ・ド・ポー ボーテ」シリーズの「セラムブラン エクストラ ta」です。
空前の美白ブームにある日本の化粧品業界において、研究開発の一番の最先端にあるのは資生堂であると、コスメ通の間では評判になっているそうです。
「セラムブラン エクストラ ta」は、資生堂の誇る美白化粧品であり、最新最強の美白化粧品であるともいえそうですね。

 

 

美白成分 トラネキサム酸

トラネキサム酸は、抗炎症作用、抗止血作用などがあり、止血剤として使用されていました。
以前から、歯槽膿漏による出血を抑えるために、歯磨き剤の成分としても配合されています。
そのトラネキサム酸に優れた美白効果があることがわかり、シミなどの治療用として皮膚科で処方されたり、美白化粧品に配合されるようになりました。

 

トラネキサム酸が、その美白効果を一番発揮するのは、肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミに対してです。
肝斑は、妊娠中の方や更年期の女性のホルモンバランスの乱れによって引き起こされる女性特有のシミで、目の下にもやもやとした感じで左右対称にできます。
黄体ホルモンなどの女性ホルモンの影響で、メラノサイト活性化因子であるプラスミンがメラノサイトを刺激し、メラニン色素の生成を促すために出来ると考えられています。
紫外線による比較的くっきりとしたシミとは区別が付きやすく、また、それらのシミと異なり、美白化粧品やレーザー治療などで治療することが難しいシミでもあります。
トラネキサム酸は、プラスミンの働きを阻害して、メラノサイトの活性化を抑制するとされ、肝斑の治療に効果のある唯一の成分であるとされています。

 

また、もう一つの特徴として、シミ以外の周囲の皮膚には影響を与えないため、シミの部分だけが白くまだらになるというトラブルが起こりにくいことが挙げられます。
シミの炎症を抑制することで、自然を肌色になじむようになるといわれています。
ビタミンC、ビタミンEといったサプリメントと一緒に使うことで、その効果が高まることがわかっています。

 

 


<スポンサードリンク>