プラセンタ注射の効果とリスク

プラセンタ注射とは

「プラセンタ」という言葉を見かけたり聞いたりするようになりました。
プラセンタは「胎盤」のことです。
胎盤は妊娠中に赤ちゃんが母親から栄養を受け取るために大切な臓器。

 

 

様々な栄養分が入っているため、胎盤から栄養分を抽出して様々な疾患の治療薬として更年期障害の治療に効果があるとして利用されているものです。
最近では美白、美肌効果もあるとして美容目的で利用されているケースも増えています。

 

 

アンチエイジング効果のために行う人もたくさんいます。
プラセンタを取り入れる方法は皮下注射と筋肉注射があります。

 

プラセンタ注射を行うことで体の内側から作用して体本来の健康な状態に戻るための手助けをすることができます。
プラセンタ注射で得られる効果。

 

  • アンチエイジング効果。

血液やリンパの流れが良くなり、皮膚の中にコラーゲンを増やすことができるため肌にハリと潤いを取り戻すことができます。

 

  • 血流改善効果。

血行を改善できるため、肩こり、冷え性などの症状を軽くすることができます。

 

  • 抗酸化作用。

老化の原因にもなってしまう活性酸素の働きを抑えるので老化防止効果があります。

 

  • 抗アレルギー作用。

アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー体質を改善できます。

 

  • ホルモンバランスの調整。

生理痛の軽減、更年期障害の改善、精神的な症状の軽減効果があります。

 

  • 疲労回復効果。

滋養強壮力があるので疲れにくく、疲れても回復が早くなります。

 

  • 肝機能を高くする。

肝臓の機能が良くなるためデトックス効果があります。